唇のあれやすい人

乾燥しやすい冬の唇荒れとリップケア

元々乾燥肌の私は冬は大嫌いな季節です。
顔だけでなく体のあちこちが乾燥して肌ががさがさになりますし、ピキっとひび割れしてしまうこともあるほどの乾燥肌です。

 

体は洋服で何とかカバーできますが、顔はそうもいきません。
これでもかというくらい保湿をして、乾燥しにくいファンデーションを使っています。

 

また、冬は乾燥からくる唇荒れにも悩まされています。
唇の皮がめくれてよくむけますし、がさがさ唇で自分でも嫌になるくらいです。

 

以前は気になって皮がむけてきたらそのまま引っ張ってむいてしまっていましたが、これは唇によくないらしいと知ってから、我慢してむかないようにしています。

 

リップケアの手を抜いてしまうと唇荒れがひどくなりますから、リップバームとリップクリームのダブル使いでリップケアをしています。
普段のケアは先にリップバームを優しく唇に塗り、しっかりなじませます。

 

その後、リップクリームを唇のしわに沿って縦に塗っていきます。
普通だとリップクリームを横に塗ってしまうのですが、これは唇荒れによくないと知ってからは、面倒でも縦に優しく塗るようにしています。

 

あまりに唇荒れがひどい時には、リップパックをしています。
最初はセオリー通りはちみつでやっていたのですが、どうしてもなめてしまうので、これもリップバームか手元にある美容オイルを使っています。

 

たっぷりと厚めに唇にリップバームを塗って、その上からラップをしてしばらく待つという、オーソドックスな方法です。
私はやったことがないですが、友達はその上からさらに蒸しタオルを置いてリップパックしているそうです。

 

乾燥から来る唇荒れはこれだけしていれば、割と早めによくなってくれます。

 

それから、食べ物や歯磨き粉が唇についているのも荒れる原因になると聞いてからは、これもしっかり落とすようにしています。

 

歯磨き粉なら朝歯磨きをしてすすぐ時にも、唇もしっかりすすぐようにしています。
刺激物になる食べ物や飲み物を取った時にも同じで、口をすすいでついでに唇もすすぐようにしています。

 

唇が荒れている時は私は口紅は塗りません。
口紅を塗るとどうしても荒れがひどくなりますから、色つきリップでごまかしています。
最近は割と発色がいい色つきリップがありますから、現在は4色を使い分けて塗っています。

 

ただ、色持ちはよくないですから、トイレに行った時に色がはげているようなら、リップの塗り直しをしています。

 

どうしても口紅を塗らないといけない場面なら、オンリーミネラルの口紅を使っています。
普段からオンリーミネラルのミネラルファンデを愛用していて気に入っていますから、ついでに買ったこの口紅を使っています。

 

品質的に安心だしこの口紅で荒れるということは今のところないです。
しかし、唇荒れがひどい時に塗ってしまうと、やはりいくらオンリーミネラルでも、荒れが悪化してしまう時があります。

 

基本は色つきリップで代用して、どうしてもしっかり目のメイクが必要な時だけはオンリーミネラルの口紅という風に分けて使っています。